著作権とは


  著作権とは、知的財産権という権利の中の一つです。
知的財産権には、他に、産業財産権というものがあり、産業経済の発展を目的としている制度です。 それに対して、著作権は文化の発展を目的とし、音楽、絵画、小説、映画、コンピュータ・プログラムなどの著作物を保護することを目的と しています。
著作権法では著作物を「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」と定義しています。
著作権は特許権などと異なり、権利の取得にあたって登録の必要はなく、著作物を創作した時に自動的に権利が発生します。「著作権」を簡単にいうと、著作物を利用しようとする人に、著作権者が利用を認めたり、禁止したりできる権利です。
したがって、「私的使用のための複製」など著作権法で認められている例外を除いて、著作物を利用する際には著作権者の許諾を得る必要があります。
 

著作権のお勉強

 
  つまり、歌詞画像で作詞者の許諾なく歌詞を掲載することは、歌詞を作った創作者の権利を侵害する恐れがあります。
また、背景の画像に著作権で守られた絵画の画像や、キャラクターの画像を作者の許諾なく使用すると、同じく創作者の権利を侵害する恐れがあります。
   
    著作隣接権とは